記事の詳細

外壁が劣化してきてしまい、雨水を吸うようになった外壁にはヘアクラックと呼ばれる極細の亀裂が発生します。これを放置してしまうとさらに雨水を吸い込み回復ができない状態までの状態となってしまいます。ヘアクラックは細いがゆえにコーキングガンの補修ができなくなっています。

そこで特殊素材であるバリアエポというコーキング効果のある下塗り材を使用し、建物全体をくるむように塗りこんでいます。

これらの特殊下地材は弾力性と密着性などが優れていますので、地震等の揺れなどでも剥離やクラックが起きにくくなっています。地震等の揺れなどでも剥離やクラックが発生しにくくなっています。

会社名:総合リフォーム 株式会社 アーバンクラフト静岡
住所:静岡市駿河区下川原5-33-25

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る