記事の詳細

入居後に不具合等を感じたときにリフォーム終了後に完成検査をおこなうことによって引き渡し前に解消される場合がほとんどあります。
システムキッチンや洗面台など設備機器の不具合の場合は通常は設備機器メーカーの定めた保証期間内であれば、保証条件に沿って修理してもらうことができます。

設備機器ではなくリフォームそのものに不具合があった場合にはリフォーム会社の瑕疵によるものであることが分かるのかが重要です。リフォーム自体に問題があることが確定すれば契約時に取り決めたアフターメンテナンス内容の範囲内で対応してもらうことができます。

メンテナンスを受ける際には、引き渡しの際に渡された保証書とともに契約書や設計図面などが必要になってきます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る