記事の詳細

介護のために今の住宅をバリアフリー化、省エネ性能の高い家にリフォームしたいといったことは国や自治体など行政が実施される支援の対象となります。
支援の内容としては自治体にもよってもことなっており、複数の支援を適用することが出来る可能性もありますので、どのような制度となっているのか調べることが大切になっています。

長期優良リフォーム補助制度としては住宅の劣化対策や耐震性の向上っや省エネ化などによって既存住宅の寿命を長くすることが出来る長期優良住宅化によってリフォーム費用の1/3で一戸あたり最大で200万円で国からの補助金を支給してくださいます。

バリアフリー化のリフォーム制度についてリフォーム費用の20万円までについて、その9割が補助の対象となります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る