記事の詳細

建材アレルギーは建物を建てる際に使用した建材によるアレルギーのことをいい、シックハウス症候群ともいわれています。原因としては、カビやダニなどのほかホルムアルデヒドといった化学物質が原因となっている場合もあります。

新調した家具やカーテンだけでなくフローリングに使用しているワックスに原因があることもあります。この化学物質が原因でめまいや喉の痛み、頭痛等の症状が発生したという報告が多くありますので、機材選びにも注意したほうがよさそうです。

どの酔うな機材を選んだほうが良いのか、フォースターは四つ星建材とも呼ばれており、シックハウス症候群対策が義務化され、ホルムアルデヒドをあまり含まれていない建材の開発がされて生まれた建材です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る