記事の詳細

トイレのリフォームで失敗したくないなら、ありがちな失敗例について知っておくと良いでしょう。

トイレをリフォームした事によって、トイレのサイズを大型のものへ交換した事によってスペースが狭くなってしまい、トイレ内での移動が難しくなったり、トイレのドアの開き方を外開きから内開きに変更すると出入りが難しくなるので注意しましょう。

トイレットペーパーとの距離感が変わって使いにくくなってしまったり、掃除やお手入れがしにくくなったり、トイレの壁紙や床材を変更した事によって黒ずみが目立ちやすくなることも考えられますよ。

新しい便器に交換を考えているなら、配管の位置やコンセントの位置をきちんと確認しておきましょう。

トイレリフォームで後悔したくないなら、リフォームを行う前にリフォームの目的を明確にして快適な空間を実現しましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る