記事の詳細

トイレをバリアフリーリフォームするなら、知っておくべきポイントがありますよ。

高齢になり介護が必要になると既存のトイレでは不便さを感じたり、怪我などの危険性が高まるため、安心して使えるバリアフリーのトイレへリフォームするのがオススメなのです。

トイレのバリアフリーリフォームでは使用する高齢者の身体状況に合わせる事が大切ですから、手すりの設置は身長に合わせて位置や高さを決めましょう。

車椅子を使用する場合や転倒防止のためにも段差の解消が大切ですし、トイレでの介助が必要であればトイレ内にスペースの確保が必要ですよ。

ドアの開閉は開き戸よりも引き戸の方が出入りがスムーズですし、滑りやすい床材はクッションフロアなどの床材に交換すると良いでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る