記事の詳細

屋根は住んでいるうちに劣化していきますが、塗装リフォームにはどんなメリットとデメリットがあるのか知っていますか?

メリットとして、屋根が色あせたり変色している場合は塗装する事によって外観が綺麗になりますし、経年による劣化を補修して耐久性も高められるでしょう。

カビやコケなど汚れが付着している場合は、洗浄して汚れを落としてから塗装する事で景観を改善できるのです。

デメリットは、塗料によって性能に差があり塗装しただけでは効果が得られなかったり、雨漏りしてしまう事が考えられますよ。

屋根の劣化が進行している場合は、塗装よりも屋根自体の交換を検討する事になるでしょう。

屋根や塗料の種類によっては10年に1度くらいの頻度で塗装を行なってメンテナンスする必要がありますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る